2年前に付き合っていた彼女と
結果的には最後のデートとなった忘れられない一日でした。
デートを終え、彼女を自宅まで送っていた僕は、
近道としてよく使っていた公園を通り抜けようとした時に、
一人の若い女性が
数人の男性にからまれている現場に遭遇しました。

街中によくあるような見晴らしの良い公園ではないため、
表の通りからはその様子を知ることはできません。

とっさに僕が思ったことですか?
今だから、卑怯で小心この上ない男だったと思われることを覚悟で
正直に話しましょう。



ひどいと思われるかもしれませんが、



僕自身、喧嘩というものの経験が一度もありませんでしたし、
運動神経もガタイも特に良いわけでもなく、
腕力ももちろん自信がない。
さらに、当時僕が連れていた彼女は、
生まれて初めてできた彼女だったので、
4、5人の強そうな男たちから彼女を守る自信が全くなかった僕は、
とにかくその場から逃げることで頭がいっぱいでした。

現場からは20メートルほど離れているので
このまま公園を突っ切れば被害はない、
と思って彼女の手を握り締めて出口に向かおうとした瞬間…。
僕の手を振り払った彼女のとった行動は、

「あんたたち!警察呼ぶからすぐに彼女から離れなさいよ!」

と彼らに向かって大きな声で叫び、
ギョッとした彼らに見えるように携帯を持ち上げていました。
ひたすら唖然としていた僕の横で110をダイヤルする彼女。
幸い、彼らはこちらに向かって来ることはなく、
そのままなにやら叫びながら公園を出ていきましたが、
もし向かって来たとしても、
この距離であれば彼女は公園の外に逃げ切る自信があったのでしょう。

それにしても、僕には考えられなかった勇気と行動でした。
おそらく正義感の強い彼女であれば、そばに僕という男がいなくても、
同じ行動をとったでしょう。
彼女がその女性を連れて、駅前の交番に向かう途中



あの忘れられないセリフを僕に残して公園を出ていきました。
屈辱感にジワジワと苦しめられたのはそれから数週間過ぎて、
もう二度と彼女を取り戻すことができないと理解してからでした。

冷静に当時の自分の感情や行動を見つめなおしては、
顔から火が出そうなほど恥ずかしい思いに襲われ、
やっとできた彼女を失ったことと、
自分への嫌悪感というダブルの苦しみの日々が続きました。

それ以来、
町を歩いていても電車に乗っていても、
ちょっと悪そうな男たちを見るたびに不必要に気持ちは萎縮し、
さらには女性までもが
自分をもの凄く馬鹿にしているような感覚に襲われていました。

彼女は、あの時の僕の気持ちを見抜いていたんです。
そして今だから思えることは、
彼女は何も僕にスーパーマンのように
彼ら全員をかっこよく倒すことを期待していたわけではない
ということです。
僕が喧嘩に強いとは彼女も思っていないはずでした。
ただ、自分と同様に腕力的に弱い女性が襲われそうになっている時に、
男として何の行動も見せずに逃げようとしたことが
許せなかったのだと思います。

つまり、僕の腕力うんぬん以前に、
僕の弱くて卑怯な心を嫌悪して去っていったのだと。

男が一度自信を失うと、とことん落ちていくものですね。
仕事や恋愛なんて腕力とは関係ないはずなのに、
それからは全てがうまくいかず、
仕事への意欲も失って会社も退職し、
当然、新たな恋愛とも縁がなく、
時々アルバイトをしながらなんとか生きて生活しているだけという状態が
数ヶ月続きました。



みっともなくコソコソと逃げようとせずに、
たとえ実際に彼らと戦うことがなくとも、
あの時襲われかけていた女性を助けることができただろう。
彼女を失うこともなかったかもしれない。
仕事も人間関係もうまくいっていたかもしれない。


その思いはいつしか
「強さ」を根底とした「勇気」が欲しいという思いに成長しました。
そんな時に、
仕事をやめてからも変わらずに付き合い続けてくれた元同僚の梶本が

「俺の知り合いでプロレスやってる奴がいるんだけど、お前、やってみないか?」
(えっ?プロレス?こんな華奢な体で?!こいつ何言ってんだ??)

そんな僕にかまわずに梶本は言った。

「いや何も今からプロレスラーになれなんて言うつもりはないよ。
  ただ、護身術程度であれば比較的すぐに身につけられるんだよ。
 実際俺がそうだから」


「え?いつの間にそんなことしてたんだ?
  しかも、体を使うといえばキーボードを打つくらいだったお前が?」

と笑う僕に、じゃあちょっと試してみようよ、
と梶本はさっそく技をかけてきた。

「イテテテテテ…!!!おい、ちょっとやめろよ、マジで痛すぎるよ!」

と情けない声を出す僕に梶本は

「悪い悪い、これでもずいぶん手加減してるんだけどさ」

と得意そうに言う。

「つまりさ、俺が言いたいのは、よく『病は気から』っていう言葉があるだろ?
  あれって逆もありなんだよ。
 体が強くなれば、気持ちも強くなるんじゃないか?
  まあ、だからって彼女が戻ってくるわけじゃあないけど、
  もういい加減自分をいじめるのはやめようぜ」


その梶本の言葉に何かがポロリと剥がれたような気がしたんです。
それで梶本に促されるままにそのプロレスラーの元に足を運んだのですが
なんとあの、佐野 直さんだったんです!
僕もそこそこプロレスは観ていたので、佐野さんのことも知っていました。
見るからに強そうで(当たり前ですが)、
佐野さんだったら、
あの時の奴らを全部叩きのめしていたんだろうな…
と、一瞬嫉妬の感情すら沸きました。


と、思われましたか?
そうであれば、おそらく今の僕は存在していないでしょう。
僕自身、レスラーを目指すわけではありませんでしたし、
何よりも、佐野さんご自身も忙しい方ですので、
僕のような人間にそうそうかまっている時間もありません。
僕がこの「自信構築プログラム」の元となる
護身術を教えていただいた時間は、トータルにして



このたった3時間が僕のその後の人生を激変させたんです。
運動オンチで格闘技のセンスなんて皆無だった僕ですら、
たった3時間でマスターできた護身術
あなたも身につけたくないですか?
この護身術を身につける前と後の僕の違いを分かりやすく説明すると




これが、現在の僕の嘘偽りのない状況です。
そしてこの護身術を身につけたことの最大の効能は



ということです。
これは僕が単純過ぎるのでしょうか?
そうは思いません。
あの時の梶本のセリフはまだ僕の中に鮮明に残っています。



まさに、その通りだと実感しています。
精神から鍛えることは日本人が最も得意としてきたことでしょう。
でも、例えばあなたがインフルエンザで寝込み、
熱が39.5度もある状態で、
ウキウキした楽しい心境でいることは困難ではないでしょうか?
逆に、朝から目覚めもよくてスッキリ、朝食も美味しく、
体も軽いような気がするなら、
自然と気持ちも元気で楽しくなるのではないでしょうか?

僕の場合は特に、精神的にかなりダメージを受けていたので、
自分の力だけでそのダメージを修復して、
安定した精神状態にすることはほぼ不可能でした。
器の形によって、水はその形状を変えます。
あなたの体を強くすることで、
あなたのメンタルな部分もおのずと強くなり、
メンタルが強くなることによって、

あなたの人生が良い方向に向かうことはあっても、
決して悪い方向に向かうことはないということは理解できるでしょう。
仕事も恋愛も人間関係も、トラブルや悩みの根源には



という感情が存在しています。
これは僕の独断ではなく、間違いない事実だと考えます。
僕が自分自身の経験を踏まえて、この教材の販売を思いついたのは
あなたにプロの格闘家のように強くなって
この世の悪を根絶やしにして欲しいのではなく
いざという時には強いのだという「自信」を得ることで

「男として」輝いた人生を送って欲しいからなんです。

ですから、この教材をマスターしたあなたが、K1グランプリに出場しても、
優勝はできません(笑)
強さを極めたいのであれば、
最寄のボクシング・ジムや空手道場に通うことをお勧めします。
この教材であなたが身につけることができるのは、
あくまであなた自身の身を守る「護身術」で、
相手を徹底的に打ちのめす技ではありません。
なぜなら、格闘家ではない限り、その必要がないからです。

例えば僕の場合であれば、
あの公園での出来事のような場面に遭遇した場合、
あるいは自分たちが直接被害に遭いそうになった場合に、
相手が襲い掛かってきても、それをかわし、
相手にダメージを与えることができる
というものです。
つまり、自分と自分の大切な人を守るだけのものです。

でも、それって凄いことじゃないでしょうか?
僕は特にそう感じます。
何しろ、僕の場合は情けないことに女性である彼女の方が
行動を起こしたのですから。
格闘家になる、あるいは戦場に出るというケースでない限り、
通常に生きていく上では、
自己を守ることができれば十分だと考えます。

そしてそれは、僕のように格闘技どころか
運動のセンスすらないような人間にもできるもの
であるべきです。
なぜなら生まれつき強い人であれば、護身術なんて必要ないですからね。
僕のような人間にこそ、必要なんです。

そして、自分の中に男として揺るぎない自信を常備できることが、
こんなにも自分自身や人生そのものまで変えるのだということを、

あなたにも実感していただきたいと考えました。
僕ですら数時間でマスターできたものですので、



そしてそれは、僕と同様に数時間で会得できる形で提供されるべきです。
なぜなら実践が困難であったり、膨大な時間を要するのであれば、
よほど強いモチベーションを維持し続けない限り、
マスターすることは厳しいですからね。
そこで僕が佐野さんにお願いしたのは、
「誰が」学んでも「簡単に」マスターでき、
「応用の利く」護身術を実演で教えていただく
ということでした。
さすがにいくら簡単とはいえ、僕のつたない文章では説明しきれませんから(笑)

まさに、僕が教えていただいたような形で再現したいと考え、
DVDにて教材を制作することができました。
僕の無理なお願いを快諾してくださり、
お忙しい時間を割いて撮影に挑んでくださった佐野さんには本当に感謝です!!
やはり、強い男は器も大きいのだと改めて感じさせられました。
さて、長々と僕の説明を読んでいただいたわけですが、
あなたにも以下のようなご経験はないでしょうか?






護身術を必要としない社会が理想ですが、
あなたもご存知のように
そんな甘っちょろい考えが通用しないのが今の世の中です。
日常の中で
さまざまな暴力や威圧、不当な権力の行使などに遭遇します。
そんな時に、
「自分に自信がないゆえに」
気持ちが萎縮してしまってはあなたの被るストレスは膨大なものになるでしょう。





ではジムや道場に行って自分を鍛えぬくか…?
なかなかそんな時間がとれない、というのも言い訳の一つにはなりますが、
もっとも大きな心理的障害は、
やはり鍛え抜かれた男たちの中に入っていくことに対する
躊躇感ではないでしょうか?
これまでの人生において、
スポーツらしきものを経験したことがない人はもちろん、
かつては部活でそれなりの成績を残したような人でも、
社会人となって久しい今では、
体力も、気力も、肉体そのものにも、衰えを感じているでしょう。
そんなあなたが、日々のトレーニングで鍛え上げられた男たちの中で、
彼らの厳しい訓練に果たしてついていくことができるのだろうか?
これは何もあなただけではなく、おそらく多くの男性が抱く感情です。
すっかり硬くなってしまった肉体や、
反射神経も鈍いみっともない自分をさらけ出すことへの羞恥心もあるでしょう。

そんな時に、現役プロレスラーが
動画で丁寧に、あなたにもできる護身術を教えてくれるなら…?
空いた時間にDVDプレイヤーにセットするだけです。
誰にも会わずに、誰にも知られることなく、一人だけで始めることができます。

あなたはあたかも、その護身術のスキルを
これまで隠し持っていたかのような演出がしたいのではないでしょうか?
少なくても僕はそうでしたね。
これが若い男で、己を鍛えるために、とか、
子どもの頃からずっと続けていた、とかであればともかく、
いかにも弱そうな僕が、強くなるために必死でジムや道場に通うことになるなら、
人に知られたくないですから。
さらに、元カノやかつての上司を始めとする、
周りを見返してやりたいという気持ちもありました。
今回、プロのレスラーたちに会う機会をいただいて痛感したことが、
真の強さを持っている人ほどそれを誇示しないということでした。
だからこそ、いざという時に発揮する強さに人は感動するんです。

特に僕のように、
格闘技からは程遠い印象を与えるような人間であれば尚更、
そのギャップに女性はイチコロです。
つまり、僕のような
「男としての自分に自信がない」男にとっては
「強さ」こそ手に入れたい。
「強さ」さえあれば、横柄で理不尽な上司であろうとも、
口の減らない生意気な部下であろうとも、
何かと人を見下したがる取引先であろうとも、
いまや自分よりも体格の良い息子であろうとも、
コンビニの前にいつもたまっている不良たちであろうとも、
さらには、自分には手が届かないような憧れの女性に対してですら、



さらに、実践することによって
自分や自分の周りの人間を守ることができ、
尊敬や愛情といった念を抱かれる。

そしてその「強さ」は、
本気で望めば誰にでも手に入るものであり、
余計な時間を費やすことなく短時間で習得でき、
痛い思いや苦しい思いをせずに学べるものであって欲しい。

というのが、本心ではないでしょうか?

あなたは、残業を終えて疲れきった体を終電に乗せ、
電車を降りるとタクシー乗り場に急いで長蛇の列に並ぶ。
1分でも早く帰りたい気持ちを抑え、辛抱強く順番を待っている時に、
平気であなたや、他の誰かの前に割り込んでくる人間がいた時に、
不快で悔しい思いを抱いたまま、



僕はそんな男で終わりたくなかったですよ。
だから僕は、4ヶ月ほど前の週末の夜、
自宅の最寄駅のタクシー乗り場でフラフラと列に割り込んできた男に
割り込み行為を注意し、列の最後に並ぶように言いました。
一瞬、ニラミを効かせてきましたが、
僕が目をそらさずにじっと相手の目を見つめると、
何か感じるものがあったのか、
捨て台詞をはきながらタクシー乗り場から立ち去りました。

はたから見れば、大した行動ではないかもしれません。
でも、以前の気弱な僕であれば考えられなかった行動です。
ここで、僕の大立ち回りを期待なさったかと思いますが、
もしもそうなった場合には応じていたでしょうね。
「僕にとって」ではなく、
「相手にとって」幸いだったのは、

それ以上の揉め事に発展させずに立ち去ったことです。
もちろん、喧嘩を薦めているわけではありません。



あなたから喧嘩を売る理由も必要性もこれっぽっちもありません。

ただ、自分には、自分を守り、
相手を倒す技があるという事実がもたらす自信は、
あなたを大きく、強く見せます。
僕が注意したその男も、僕よりも10cmは身長が高かったですから(笑)
でも、僕の体に指1本触れることなく、立ち去っていきましたからね。

実はその夜、
まさに意中の女性を誘って初めて僕の部屋に連れて帰る時でした。
まだ、どこかで僕に対して迷いのあった彼女でしたが、
タクシー乗り場での僕の対応を見てからの彼女の態度が、
こっちが驚くほどの豹変ぶりでした(笑)。
しかも、実際に戦って相手を打ちのめさずに、ですよ。





あなたがイケメンじゃなくても、
喧嘩に強くなくても、
ずば抜けた経済力がなくても、
思ったことがなかなか言えない弱気な男であっても



僕のように実際に大立ち回りを演じなくても、
女性から
頼りがいのある強い男として認識されることもできるんです。
仕事においても同様です。

かつての職場での僕と、今の職場での僕とでは、
知ってる人が見れば同一人物とは思えないんじゃないでしょうか。
もちろん、護身術に依存してばかりではないですよ。
僕自身も、せっかく培われた新しいイメージを壊したくないので、
かつての職場では見せることがなかった意欲と努力で
自分自身を向上させています。
これが「自信」による効果の凄い点だと思います。
長々と僕の考えを書いてしまいましたが、
本教材では何をマスターできるのかを 説明しましょう。


監修・出演=佐野 直(さの なおし)

1979年6月11日生
東京都中野区出身
身長170cm、体重85kg、血液型A型
スタンリーのリングネームでも活動している
「プロレス界のアイドルレスラー」
得意技:
垂直落下風ブレーンバスター
サノクラッチ
SA-NOスプラッシュ
サラマンダーショック
SA-NOスタナー
トペ・スイシーダ
SA-NOドライバー

出演=ピンクタイガー

年齢:不詳
出身地:秘密
身長165cm、体重60kg
性格はメキシカンだが謎に包まれた仮面貴族

出演=マグナム大江戸(まぐなむおおえど)

1970年4月2日生
千葉県出身
身長175cm、体重83kg、血液型A型
vsウルトラマンロビン戦にてデビュー
得意技:エゴイストドライバー、ダンス

出演=鳳華(ほうか)

2月12日生
東京都出身
身長158cm、体重53kg、血液型A型
CPE 所属
得意技:くすぐり

   
見るからに柄の悪そうな兄ちゃんにインネンをつけられたら?
  あなたが恋人や奥さん、あるいは娘や息子と連れ立って歩いている時に、インネンつけてきた兄ちゃんに何も言えずにいる情けない姿は見せたくないですよね?かといって、過剰にイキがるのもダサいですよね?スマートに状況に対処し、場合によっては相手にダメージを与えることができるので、あなたの評価は確実にUPします。4つのテクニックを紹介します。
   
いきなり胸ぐらをつかまれたら?
  喧嘩には最もよく見られるパターンですよね?ただ、このケースはいきなり殴りかかってくるパターンと違い、比較的余裕のある状況ともいえるんですよ。本気でかかってくるような相手であれば、四の五の言わず速攻で殴りつけてきますよ。胸ぐらをつかむということは、「いいのか?殴るぞ?俺は本気だぞ!」と威嚇している段階で且つ、引っ込みがつかなくなっている状態でもあります。冷静に対応した者が勝ちです。3つのテクニック+応用編を紹介します。
   
相手に手首をつかまれてしまったら?
  喧嘩を売られているにもかかわらず、無視して通り過ぎようとした時などに、見られるケースです。手首をつかまれた瞬間はギョッとするかと思いますが、あっさりはずして且つ相手にダメージを与えるテクニックを数パターン紹介します。
   
相手に髪の毛をつかまれてしまったら?
  髪の毛をつかまれてこずき回されるのはかなり屈辱的ですよね?でも、それが転じて相手の方がダメージを受けるなら、相手も立つ瀬がなくなります。弱い者いじめをしてはいけないということを、あなたがしっかり分からせてあげましょう。
   
何もしていないのに、見知らぬ酔っ払いにからまれたら?
  泥酔者にとっては、ターゲットはあなたじゃなくてもいいんです。でも、酔いに任せているようでしっかり相手を選別しているのも酔っ払いの特徴です。彼の目に、あなたはきっとからみやすい相手に映ったのでしょう。たとえ素面ではまともな人であろうとも、泥酔して人に迷惑をかける行為は慎ませるべきです。ガッツリ撃退してやりましょう。2つのテクニックを紹介します。
   
壁際に追い詰められてしまったらどう反撃する?
  これも心理的にはかなり恐怖心を煽られる状況ですよね?逃げ場を失うというのは、あまり気持ちの良いものではありません。でも、必ず打開策というのは存在します。このポジションだからこそできる、護身術を紹介します。
   
肩がぶつかってしまい、喧嘩を売られそうになったら?
  チンピラの常套手段ですよね?相手はとにかく喧嘩のきっかけを作ろうと虎視眈々と狙っていますが意外なテクニックで、相手の虚をつくテクニックを紹介します。
   
面識のない二人組みにからまれたら?
  1対2では分が悪いですよね?できれば避けた方が賢明です。効果的に状況を回避できるテクニックを2つ紹介します。
   
殴られそうになったら?
  時にはいきなり殴りかかられる場合もあるかもしれません。格闘技ならではの理論で、「自分には安全、相手には危険」な撃退テクニックを紹介します。
   
いきなり後ろから羽交い絞めにされたら?
  人通りの多い街中よりも、公園や住宅街など人気のない場面で遭遇することが多いケースです。相手の正体が分からないだけに、不安も倍増するでしょう。しかし、テコの原理を利用すればたとえ相手がどんなに大きな人間でも、撃退することは可能です。2つのテクニックを紹介します。
   
蹴られそうになったら?
  中には、拳よりも足が先に出る人間もいます。当たり所によってはかなりダメージを受けてしまうので、まともに食らわないようにします。キックボクシングの理論を元に、蹴りに対する受け方を紹介します。
   
後ろから首を絞めつけられたら?
  これも、人気のない場所で遭遇することが多いケースです。相手は首を絞めた時点で勝負がついたと考えることが多いので、その盲点を突いた、撃退テクニックを紹介します。
   
後ろからヘッドロックされたらどう切り返す?
  なかなか普段では遭遇することがなさそうですが、万が一のことを踏まえ、効果的な切り返しテクニックを紹介します。
   
ビール瓶などで殴りかかってこられたら?
  相手が素手とは限りませんよね?どんなものでも、凶器になり得ます。ビール瓶に限らず、硬いもので殴りかかられた時の対処テクニックを2つ紹介します。
   
刃物を持って襲いかかってこられたら?
  中には刃物を携帯している人間もいるかもしれません。刃物を出されると心理的にはかなりビビってしまうでしょう。刃物とはまともに戦うとリスクが高いため、自分の身を守ることに徹しましょう。2つのテクニックを紹介しています。
   
バイクに乗った相手にバックをひったくられそうになったら?
  大切な私物や仕事で使う重要書類が入っているかもしれないあなたの大切なバッグです。みすみす奪われることがあってはなりませんよね?こういう場合に対処するテクニックも紹介します。
   
あなたにも強くなって欲しいのですが
あなたの大切な女性にもできる、簡単な護身術も収録しておりますので
あなたがそばにいない場合を考え、是非、教えてあげましょう。
もちろん、男性も使えるテクニックですので、
こちらもマスターしておくことをお勧めします。
   
前から抱きつかれたら?(女性の方も)
  ちょっと技が必要ですが、かなり効果的なテクニックを紹介します。
   
押し倒され、覆いかぶさられたら?(女性の方も)
  倒された状態で男性の体重でのしかかられたら思わずギブアップしてしまいそうになりますが、しっかり撃退して逃げるテクニックがあります。
   
強引にキスを迫られたら?(女性の方も)
  これも相手が酔っ払いなどであればあり得る状況です。ごく簡単なテクニックで、二度とそんな気持ちが起こらないようにさせましょう。
   
背後からいきなり抱きつかれたら?(女性の方も)
  女性が自宅に帰る途中、寂しい道を一人で歩いているような場合では、あり得る状況です。大きな声を出すなどはもちろんですが、恐怖のあまりに声すら出せない女性もいます。女性の場合は相手を倒すのではなく、とにかくその場から逃れるテクニックがよいでしょう。4つのテクニックを紹介します。
   
背後からいきなり胸をわしづかみにされたら?(女性の方も)
  考えたくないケースですが、これも十分あり得る状況です。相手を一発で撃退して逃げるテクニックを紹介します。
   
電車の中でお尻を触られたら?(女性の方も)
  これは多くの女性が経験があるのではないでしょうか?駅員や周囲の人に助けを求めることはもちろんですが、その場で相手にも痛い思いをしてもらいましょう。
   
バイクに乗った相手に寄られて迫られたら?(女性の方も)
  とっても簡単な方法でその場から逃げることが可能です。


上記の内容がわかりやすい実演でしっかりDVDに収録されています。
しかし、
果たしてあなたにも効果を期待できる内容なのか?
実践でき、
且つ効果が期待できるものを提供させていただきたかったので、
検証のために、某メディアにて募集をかけて
数名の方にモニターとして体験していただき、
レポートをいただくことができましたので、一部をご紹介します。

三浦敦さん 神奈川県
  実は僕も、強さこそ男の象徴だと思い知らされた経験が過去にあり、有名な某空手道場に入門したことがあります。残業をしないように日中はせっせと仕事をし、定時にあがって電車に飛び乗り、週に5日のペースで道場に通い続けました。しかしそこも、弱者が強者にしいたげられる世界でした。黒帯の人たちよりも、その下の「色帯」と呼ばれる先輩たちのしごきがひどかった。今だから言えますが、あれは「しごき」という名を借りた完全な「うっぷん晴らし」です。日に日に増えていく青あざに、家族や会社にも心配をかけましたが、それ以上に僕の気持ちがどんどん萎えてしまって…。所詮、力がないと駄目なんだなと。もちろん、きちんと技もあるんですが、力で押されてしまうんですよね。そのうちに違和感のようなものを感じてきて、やめてしまいました。あのまま続けていれば、あの過酷な「しごき」を耐え抜くことで、精神も肉体も鍛えられたかもしれません。でも、通えば通うほどに気持ちは萎縮していき、さらに会社以上に先輩のご機嫌をとらないといけない世界に正直嫌気が差しました。根性のある男や、精神力のある男ならいいんです。僕のような気弱な人間にもできる技が欲しかった。最後のあがきでこの教材のモニターに応募したのですが、これこそが、僕のような人間の求めるものであったと感じました。何も格闘技選手権に出るわけではないので、鋼のような肉体を作る必要もないんです。打たれ強さも必要ないんです。相手の力を利用して相手にダメージを与え、自分の身を守ることができればいいんです。DVDは何度も再生してはしっかり脳裏に焼き付けました。柔道をやっていた後輩に頼んで試してみたら、僕よりも20kgは上回る後輩が僕の足元に崩れ落ちた時の感動は忘れません。もちろん、ガチで組み合って長期戦になれば勝てないとは思いますが、僕でも相手にダメージを与えられるということは、僕にかつてない大きな自信をもたらしてくれました。本当に感謝しています。ありがとうございました!
   
斉藤孝之さん 三重県
  会社で上司から叱咤され、同僚から馬鹿にされ、部下や女子社員からはなめられていたのが、かつての私自身でした。当然、家庭でも妻には頭が上がらず、人がいいことだけが取り柄の冴えない中年男でした。かといって強くなりたいという願望も特になく、普段であればそのまま見過ごしてしまう募集記事が、なぜかその時は気になり、ひやかし半分で応募しました(申し訳ございません)。家族が寝静まった頃に一人でDVDを観て、もしかしたら私にもできるんじゃないか…、と思い始め、練習相手がいないので一人でこっそり練習していました(笑)。とはいえ、争いごとは嫌いなのでそれほど熱心というわけでもなく、時々DVDを観てはエクササイズ的に練習していた程度でした。ある夜、同僚の送別会があってその帰りの電車で、私よりも少し年下らしい、いい年をした男性がかなり泥酔状態で乗り込んできました。込み合った電車の中で、私が彼の足を踏んだとか踏まないとかで言いがかりをつけられたのですが、無視して電車を降りようとしました。するとその男は腹の虫が治まらないのか一緒に降りてきて執拗にからんできます。好奇の目に囲まれる中、いたたまれない気持ちでいると、いきなり襟首に手をかけられました。とっさにDVDで観たある「技」をここぞとばかりに思い切って試してみたのですが…。「うぉー!!」と叫び声をあげたかと思うとその男が地面に転がっているんです。彼もそうでしょうが、それ以上に私が信じられない思いでした。おそらく周りの野次馬たちも同様だったでしょう。信じられない思いと恥ずかしさですぐにその場を立ち去りましたが、その夜から私の中で、何かが変わりました。面白いもので、自分が変わるとおのずと周囲も変わってくるものですね。そしてそれこそが、このDVDの求める結果なのだと理解し、感謝の気持ちで締めくくります。
   
幸田実さん 東京都
  最初、DVD観た時は、「えっ?ホントにこんなんでイケるの?」という感じで、正直半信半疑でしたね。そのぐらい「超」がつくほど簡単そうに見えるんですよ。女性向けのテクニックもあるようだし、俺みたいにヒョロい男でもイケるものを集めたんでしょうかね。ただ、実践してみるとよくわかりますが、DVDの通りになります。まあどこで試したかは書きませんが、これなら小学生でも大人を倒せるんじゃないかっていうくらいのノウハウだと思いますよ。だから正直、あんまり公開して欲しくないなあ(笑)
   
木下雄大 京都府
  実は格闘技オタクな自分なので、格闘家や試合のDVDはかなりの数を所持していますが、実践経験はゼロ。プロレスラーが監修・指導したということで、興味本位でモニターやらせていただきました。感想としては、ポイントをうまくつかんだテクニックの集積という感じでしょうか。しかも、最後まで楽しく観れることもポイント高いですね。格闘技というと悲壮感漂いそうな感じですが、出演者の方たちも親しみやすくて、つまり、分かりやすい構成でしたね。下手な町道場に痛い思いをして通うよりもよっぽど、効率的だと思いました。机上の空論ではなく、きちんと使えるテクニックばかりなので、運動音痴の方でも十分効果が得られると思いますよ。
   
井上健二 千葉県
  自宅でこんな簡単に、護身術が学べていいんでしょうか?このDVDをきっかけに、自分の体を鍛えることにこの年齢で目覚め、日々トレーニングに励んでいます。もちろん、もう体が記憶するほどDVDを何度も観ているので、とっさに実践する自信もあります。何よりも、気持ちが強くなったことが大きな功績ですね。それまで諦めていたものや、途中で投げ出していたような作業でも、前向きに頑張り続けることができるようになりました。良いきっかけを与えてくれた教材には本当に感謝です。これからも頑張ります!


いかがでしょうか?
中には大きく人生を変換させた方もいらっしゃるようで、僕としても 嬉しい限りです。
男として本当の自信を手に入れたい人にこそ
この教材をゲットしていただきたいと思っています。
ただ、何度も申し上げるように、
佐野さんのお人柄というか DVD自体は
かなり楽しく観ることができる構成ですが



むやみに行使して小さな虚栄心を満足させるのではなく
あなたや、あなたの大切な人を守るために使っていただく

これが、僕からの条件です。
では、ご購入の前に、
これまで多く寄せられた質問と回答を一部ご紹介します。

先日、飲み会で同じ課の女子社員に腕相撲で負けてしまった身長158cm、体重47kgの僕でも効果的に実践できるのでしょうか?
「力」をもってして勝つのであれば、僕にも無理です(笑)。柔道の試合を観ていても分かるように、小さい人間が大きな人間を投げるにはテコの原理を利用しますよね?さらに、自分が相手よりも小さいことが逆に相手を油断させる要因にもなり、実は心理的には決して不利ではないのですよ。決して大きくもなく、痩せ型の僕が実践できたのですから、女性にも薦めているぐらいです。
   
精神も鍛えられますか?
結果としておのずと自分に自信が持てるようになると思いますが、教材はあくまで「肉体」を使った実践法を教えるものです。ただDVDを眺めていただけで、メキメキと精神が鍛えられることはありません。コツをマスターすれば全て簡単に実践できるものばかりですので、まずはご自身で練習するなり、親しい人に頼んで相手をしてもらうなどで、きちんと体に覚えさせてください。その上で脳に焼き付けるために何度も繰り返しDVDを観ることをお勧めします。必要な瞬間に力を発揮することができるということを実感できれば、これまでとはかなり違う視点で自分も周囲も見ることができるようになると思いますよ。
   
もう現役を引退して年金で暮らしているような年齢なのですが、こんな私にも無理なくできるものなのでしょうか?また、実際に相手を倒すことができるものなのでしょうか?
日常生活を無理なく行える体力がある限りは実践可能だとされていますが、ご自身の体のコンディションとよく相談した上で、練習をしてください。のんびりした生活をお送りいただきたいところですが、中には年配の方にも平気で暴力をふるう人間が存在することも事実です。ご自身の身を守るテクニックは何歳になっても、持っているに越したことはないでしょう。ターゲットがが年配の方ということで油断しているケースがほどんどですので、尚更、有効性は高いですよ。
   
男性向けの教材のようですが、女の私にも有効でしょうか?最近、残業で遅くなった日などに、帰り道で後をつけられているようなことが何度か続きましたので、かなり切実に護身術を習いたいです。
僕は自慢じゃないですが、女性並みの体躯です(笑)。もちろん、実際には女性よりも腕力はあるのでしょうけど、メチャメチャ弱かったですから。ただ、護身術というのはそもそも格闘技の達人じゃないくても攻撃から身を守ることができる術です。今回は女性のニーズにもお応えして、女性向けに女性がよく遭遇しやすいケースを想定したテクニックも紹介していますが、男女の区別なく、十分実践できる構成になっております。ただ、実践して相手を撃退した後でも、きちんと警察には被害を届けるようにしてくださいね。
   
会社員です。体を強くすることで気持ちも強くなるというコンセプトに惹かれました。練習はかなりハードなものなのでしょうか?
拍子抜けしてしまうかもしれませんが、全くハードなものではありません。なぜなら僕自身がそんな過酷な稽古には耐えられないからです(笑)。ただ、内容はプロの格闘家が指導する、きちんとした実践的なノウハウです。しっかり覚えてしまえば、全く難しいところはありません。
   
この教材を買えば、好きな女性をモノにできるでしょうか?
この教材を買うことが、イコール、あなたの好きな女性を振り向かせることではなく、この教材で教えている護身術をマスターすることによって、あなたの中に男性としての自信が芽生え、それによってあなた自身が今までよりも「強い男」として振舞うことで、女性のあなたに対するイメージを覆すことも可能であるということです。逆にどんなに腕力に優れた男性でも、自分に自信を持てずにウジウジしているなら女性には振り向かれませんよね?女性は自信のある男性が好きです。護身術を身につけているという自信を、是非活用してください。
   
かなり切羽詰っているので、すぐにでも会得したいです!どのくらいでマスターすることが可能でしょうか?
個人差もあるため、断言はしにくいところなのですが、カンの良い人であれば、DVDを観終わった時点で、いくつかのテクニックはマスターできていると思います。そのぐらい簡単なんです。ただ、中にはちょっとしたコツが必要なものもありますので、事前に練習をしておいた方がよりスムーズですが、動画を観てしっかり覚えることができればすぐに実践することが可能です。
   
相手がプロの格闘家であっても、勝算はあるでしょうか?
プロの格闘家と対戦するという機会は、一般人にはなかなかないとは思いますが…。中にはちょっと格闘技をかじった人間が、腕っ節の強さを試すために、からんで来るケースもあるでしょう。
それなりにレベルの高い格闘家であれば、まず一般人には手を出さないと思いますが、それでも応戦しなければいけなくなった場合には、うまくかわして逃げることをお勧めします。相手はその道のプロですし、あなたが会社で仕事をしている時間に、稽古をしながら日々技を磨いている人種です。そして、この教材の目的は、あなたを格闘技の試合で優勝させるためのものではありません。ただし、人間の弱点のツボというものは、そうそう鍛えられるものではありませんので、相手がプロの格闘家であったとしても、護身術としては有効だと思います。決して深追いをすることをせず、一発決めたらその場からすぐに離れた方がよいでしょう。自分の身を守るという条件をクリアできれば十分であると捉えてください。
   
実際につかいものになる護身術ですか?
相手は人間ですので、100%確実に成功するとは言えません。プロの格闘家ですら歯が立たないようなケースも実際にあるようです。ただ、格闘技を生業としているプロが、その実践キャリアと生体理論に基づいたノウハウを紹介しています。もちろん、手加減は必要ですが、友人などに頼んで試してみるとよく分かるように、相手にはかなりのダメージを与えることができますから、自分の身を守るという点では有効なテクニックを集めています。


代表的な質問をまとめてみましたが 疑問などは解消されたでしょうか?
ではこの教材の価格についてご説明します。
たまたま梶本のコネという力があってこそ実現した教材で
DVDにして1時間程度に凝縮させましたが
プロの現役レスラーが
その数倍の時間を割いて
撮影にはご協力いただきました。
そういった事実も踏まえながらも、
購入しやすい価格帯で提供したかったので
10,000円ジャストで販売しようと考えました。
実際の護身術ノウハウとそれによる
「男としての自信」を手に入れることができるなら
妥当な金額であると考えています。

ただ、できれば僕のように腕力や運動神経に自信のない人間や、
女性の方にこそ マスターしていただきたいと考えたことが、
本教材の制作意図でしたので
もう少し、お求めやすい価格で提供したいと思いました。
そこで5,000円にて販売させていただこうと思います。
あなたとあなたの大切な人の身を守るテクニックが5,000円で手に入ります。



あなたの中に潜む「強い心」を思い出すきっかけになればと願います。
あなたも「強い心」をその奥底に隠し持っています。
その存在に気づいていないだけです。
護身術を会得することで、
あなたの中の「強い心」を引き出してさらに強化し
本当の男らしさを手に入れてください。
僕も、今の強さを手に入れてからやっと、元カノを吹っ切り
新しい恋愛に踏み出すことができるようになりました。
僕の場合は、きっかけがなんとも情けないものでしたが
今となっては良い経験だったと思います。
あの事件がなければ、僕はあのままの僕でいたでしょう。
もしかしたら、あのまま何事もなく彼女ともうまくいって
将来的には結婚していた可能性もあります。
でも、いずれ、僕の卑怯で小心なところに気がつけば 去っていくでしょうね。
一度しかない人生なら、
そしてせっかく男として生まれてきたのなら
「強さ」と「勇気」を備えて、
自信を持って人生を歩きたいですよね?
僕は弱い者の気持ちがよく分かります。
僕のように、見て見ぬフリをして、
トラブルを回避しようとしてきたあなたを
責めるようなことは一切しません。
むしろ、そんなあなたにこそ、この教材を知ってもらい
「強さ」を手に入れることで、男としての自身を取り戻し
自信にあふれた人生を送っていただきたい
と心から願います。
今、あなたの決断が あなたのこれからの人生を大きく左右します。
僕にすらできたことを あなたが見逃す手はないと思っています。
最後までお読みいただきありがとうございます。



これは佐野さんからではなく、
知人を介して知り合った空手道場の師範の方から教えていただいた、
女性でも、体の小さい男性でも一撃で決められる護身術です。
僕のつたない文章を最後まで根気強く読んでくださったお礼に、
あなたにも伝授いたします。
金的蹴りは誰もが思いつくものですが、
このテクニックは相手も予想していない一撃ですので、
より効果が高いと思います。
特に女性や
どちらかというと、身長があまり高くない人向けかもしれません。
これもDVD教材同様、しごく簡単なテクニックなのですが、

下から相手の鼻を手のひらで思いっきり突き上げるというものです。

はい、ただこれだけで、
ガッチリ入れば大概の男でも思わず転げまわるほどの痛さに苦しみます。
コツは拳ではなく、手のひらという点です。
とっさであっても、拳を構えると相手は身構えます。
また、拳の場合は特に、相手が喧嘩慣れしている場合は、
かわされることも多々あります。
単純に考えて、
握り締めた手よりも開いた手の方が面積も大きいので、
命中する確率はそれだけ高くなります。
軽く手首を曲げて、手首に近い肉厚な部分が当たるようにし、
躊躇なく渾身の力を込めて相手の鼻を上に突き上げてください。

鼻の穴の部分を狙ってください。
正当防衛ですので、全く躊躇する必要はありませんし、
加減すれば効果はありません。

女性の力でも思いっきり鼻を突き上げられれば、
まず相手はその痛さで一瞬ひるみます。
その隙に、逃げてください。
鼻は、首同様に、鍛えられませんから、ほぼ全ての人に効果があるはずです。
これを知っているだけでも、
「強さ」を得たとまでは言いませんが、
ちょっとした自信につながるきっかけになればと思います。




『自信構築プログラム護身術』 本編収録時間: 55分31秒 
▼ 配送版/ダウンロード版/共に収録動画や内容は全く同じものです。
  ・ネットの繋がったパソコンで見る場合にはダウンロード版
  ・DVDプレイヤーで見る方は配送版を選択する場合が多いです。

▼ 特別販売価格5千円(配送版の場合には送料手数料として2000円が必要となります。)

※電話注文の場合には⇒コチラをクリック





※お電話での注文も可能です。電話注文の場合にはコチラをクリック
※決済には、クレジットカード払い、銀行振込、コンビニ決済、郵便振込、BitCash、がご利用になれます。
クレジットカード決済の場合、発売元は「インフォトップ」と記載されます。
※ご購入者様には、メールマガジンが届きます。

※商品の特性上、効果には個人差があります。もしその場合にはご連絡ください。






| 特定商取引に関する表示 |